読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺町計算言語

計算の話や言語の話もするかも。多少は。※個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません


いま住んでいる場所は、騒音の面で微妙です。前に住んでいた京都の家のまわりは昼夜を問わず静かだったので、余計にそう思うのかもしれません。いざとなれば簡単に逃げ出せるのが賃貸の良いところです。とはいえ、引っ越すほどではありません。

夜中の 1 時を過ぎてから外で騒ぐ連中がたまに出没します。シベリア送りにしたいところです。朝は朝で 7 時くらいから工事が始まります。

特筆すべきは、いわゆる珍走団が出現することがあることです。古俗は縁辺部に残ると言いますが、21 世紀になって 10 年以上経っても観測できる (目で見たわけではありませんが) とは思ってもいませんでした。

写真は八代駅 (2015 年 3 月 28 日撮影)。駅の裏に製紙工場があって妙な圧迫感があります。