読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺町計算言語

計算の話や言語の話もするかも。多少は。※個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

記憶と性格


アスペルガーとADHDの時間感覚の違い―過去と現在と未来という本の紹介記事が面白かったのでメモっておきます。精神疾患を時間感覚の観点から分類しています。例えば、内因性うつ病は過去に、統合失調症は未来にとらわれており、広汎性発達障害は過去、未来、現在のいずれにもとらわれていないといった具合です。この分析が妥当かどうかは知りません。ただ、記憶と性格が関係する可能性の指摘は私にとって新規性がありました。

前にも書きましたが、過去の体験を覚えておくのが苦手です。記事には「学生時代の出席番号や生徒数まで覚えている人」が知り合いにいるとあります。私などは担任の名前すら怪しいです。この性質が現在の私の性格に関係する可能性がある (因果関係はわからないけど) ことは、考えてみればもっともです。どうして今まで気づかずにいたのでしょうか。

写真はムンバイとプネの間にあるカルラ石窟の石柱 (2012 年 12 月 12 日撮影)。彫ってあるのはブラフミ文字だと思いますが、私の知識では微妙に読めません。