読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺町計算言語

計算の話や言語の話もするかも。多少は。※個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

1年


はやいもので、福岡に移ってから 1 年以上経ちました。良い機会なので当初より感じていた違和感を記してみることにします。こんなことばかり書いていると、しまいに怒られそうですが。

「福岡はすばらしい」という言説を広告等で頻繁に見かけます。定量的な根拠はなく、あくまで印象にすぎませんが。外向けにそれを言うのはわかります。そうではなく、内で確認しあっているようなのです。

そこで出てきた疑問は、「何がそんなに不安なのか」です。かつて神戸で同じような体験をしました。震災の後に「がんばろうや神戸」という標語をそこら中で見かけました。福岡はまるで日常的に震災後をやっているようです。

写真は壱岐市勝本で見かけた案内 (2014 年 9 月 29 日撮影)。英語表記に深い味わいがあります。