読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺町計算言語

計算の話や言語の話もするかも。多少は。※個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

前所属


写真は大学の近所の某高校の掲示 (2014年4月7日撮影)。何となく低画質 & モザイクつきにしてみました。公共の場に掲示されているものだからそのままでも良い気はしますが。

学校が自校の活躍した生徒を張り出すのはよそでも見かけます。しかし出身中学を書いてまわるのははじめて見ました。これは何なんでしょうか? 人間の集団のなかで帰属が意味を持つことは理解しています。しかし、以前の帰属が現在の集団のなかで意味を持つというのは私の理解をこえています。

この看板は前から気になっていました。なぜ今思い出したかというと、今日の九大の入学式でも同じことがあったからです。式の案内に、新入生代表の出身高校がわざわざ書いてありました。これから大学に加わる人間が以前どの高校に所属していたかに何の意味があるのでしょうか?

ちなみにどうして入学式に出ていたかというと、新任教員も出てくださいと事務に言われたからです。そう言われると、「あっ、はい」としか答えられません。しかし、総長の話だと、どうやら秋は秋で小規模な入学式をやっているみたいです。半年遅れで参加する必要があったのか謎です。