読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺町計算言語

計算の話や言語の話もするかも。多少は。※個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

福岡空港が確かに便利な件


先週初めて福岡空港を使いました。屋久島で開催された某研究会に参加するためです。

福岡空港が便利だって話は方々から聞いていました。しかし、使う機会が訪れないまま一月以上が過ぎてしまいました。なぜかというと関西人だからです。京都から行くにしても、神戸から行くにしても、関西の空港 (関空、伊丹、神戸) はあまりに不便です。福岡との行き来なら、どう考えても新幹線には勝てません。そもそも神戸空港には福岡空港との便がありませんし。

先月の名古屋出張の際には飛行機も考えましたが、結局やめました。理由のひとつは事務手続きが面倒だったことです。もう一つは、新幹線なら乗っている間中仕事ができるけど、飛行機+名鉄だとそうはいかないからです。

初めて福岡空港を使った感想ですが、確かに便利です。電車一本で空港に行けます。家 (と九大も一応) は JR 筑肥線沿線なのですが、この路線は地下鉄、その名も「空港線」に乗り入れています。帰りは飛行機の到着予定時刻の 45 分後には家に帰り着いていました。行きは少し余裕を持って行きましたが。京都にいたころは、2 時間半ぐらいかけて関西空港に行っていました。あれは一体何だったのでしょうか。

まあ、良いことばかりではありません。福岡空港は土地建物借料が原因で大赤字です。少し古い資料ですが。福岡が抱える闇の一端が垣間見えます。

写真は行き先の屋久島空港です (2013年11月14日撮影)。エプロンからターミナルを見ています。険しい山がすぐ迫ってきています。